離島観光・交流促進事業【島あっちぃ】の公式サイト。

北大東島

沖縄でもっとも早く朝日が昇る島

沖縄本島の東方約360kmに位置する北大東島は、沖縄でもっとも早く朝日が昇る島です。古来より沖縄では、はるか東にある島という意味をなす「うふあがり島」の名で呼ばれてきました。気候は亜熱帯海洋性気候に属し、一年を通して暖かく、降水量は少ないものの、頻発する台風により雨水がもたらされています。北大東島は珊瑚環礁が隆起してできた島で、中央部は盆地のように窪んでおり、大小20数個の沼や湿地が散在しています。盆地の周りを屏風のように連なる小高い丘が取り囲み、防風林として島を台風などの災害から守ってきました。

モニターツアー体験者の口コミを見る

Infomation

島のイベント・盆踊り(8月最後の土曜日)
・大東宮例祭(9月22・23日)
・村職域駅伝大会 (11月上旬)
観光スポット・燐鉱石貯蔵庫跡
・沖縄海/沖縄最東端の碑
・民俗資料館
出発地那覇空港
交通手段飛行機/琉球エアーコミューター
主な宿泊形態民宿
主な現地の運営者株式会社フロンティアプラネット
位置沖縄本島の東約360kmに位置。
MAPで見る
大きさ周囲18.3㎞ 面積11.93平方km 標高74m
人口615人 (2016年10月1日)
役場北大東村役場

モニターツアー体験者の口コミ

  • ★★★★★5.0
  • 体験者

    30代 女性

    投稿 2019年1月21日

  •  北大東島の釣り体験プログラムに参加しました。
     私は魚釣り初心者な上に、魚食はそんなに好きではないのですが、北大東島へは以前からどうしても行ってみたかったので、「行くなら今だ!」という機をとらえて応募しました。

     宿泊施設「ハマユウ荘」は、採光の工夫がなされた開放的でモダンな建物でした。夜は間接照明の暖かみに癒され、部屋も広くて清潔感があり、部屋の風呂の他に大浴場もあって、快適に過ごせました。敷地内の展望台に登ると、朝は県で一番最初の朝焼けが、夜は満天の星空と闇夜を撫ぜる灯台の灯りが美しく、何泊でもしたい気持ちになりました。

     魚釣りプログラムでは、釣針に指やら服やら引っかけて自分を釣ってばかりでしたが、「大東ブルー」と呼ばれる深くて透明な海の色に魅了されました。
     魚釣りをメインのプログラムにするなら、暑くてなかなか釣れない昼間の時間帯よりも、快適に釣れやすい朝か夕方に設定した方が良いように思いました。
     「旅人には想像できない所まで波が来るんだなぁ」とか「こんなに近くで海を観てもいいの⁉」と、驚きの連続でしたが、島のガイドの方がリスク管理に気を配ってくださり、安心して参加できました。
     断崖絶壁に打ち付ける波涛を眺めていると、男性でなくてもロマンを感じます。
     よく沖縄にイメージされる浅瀬の碧の海辺が「癒しの海」なら、絶海に浮かぶ大東の荒海は「パワーをもらえる海」と言えるでしょう。

     燐鉱石貯蔵庫跡は、圧倒されるような佇まいでした。廃墟のような寂れ感はなく、何かがみなぎっている感じのする不思議な場所でした。こんな厳しい環境へ開拓に入った昔の人々の知恵やエネルギーを感じられたのでしょうか。

     お土産の種類も豊富で、けっこう洒落たパッケージで驚きました。
     じゃがいも焼酎「北大東」や「月桃のキャラメルポップコーン」、「じゃがいもビスコッティ」は、とても斬新で喜ばれました。

     こんなにたくさんの魅力があるのに……
     都会をモノサシにして「何もない」と言うような人には、「あなたの感性が足りてないのよ!」と言ってしまいたいくらいです。

     県内外を問わず、いろんな人に紹介したい、また訪れたい島です。

モニターツアー体験者の口コミを見る