離島観光・交流促進事業【島あっちぃ】の公式サイト。

多良間島

国の重要無形民俗文化財に指定された、「八月踊り」が継承されている伝統の島

多良間島は、宮古島と石垣島のほぼ中間に位置し、亜熱帯気候に属した楕円形の島で、約8km離れた水納島とともに多良間村に属します。琉球王国が中継貿易で栄えた時代には、沖縄本島と宮古、八重山地域を結ぶ航海上の要所でした。
島では数多くの伝統芸能が継承されており、代表的な「八月踊り」は国の重要無形民俗文化財に指定され、旧暦八月八日から三日間執り行われます。また、自然豊かで、島のほとんどが耕作地として利用され、農作物や家屋を守るフクギ並木とともに豊かな緑をたたえています。 島の周囲はサンゴ礁の美しい海に囲まれ、豊かな海の幸を育んでいます。

Infomation

位置 宮古島と石垣島とのほぼ中間に位置し、北緯24度39分、東経124度42分に位置する。
MAPで見る
大きさ 島面積19.81㎢
人口 総人口1,056人
男577人/女479人/総世帯数488(多良間村全体 多良間島だけのは不明)
島のイベント ・スツウブナカ
・八月踊り
・たらま島一周マラソン大会
・多良間島ピンダアース大会(ヤギの戦いの大会)
観光スポット ・八重山遠見台・公園
・多良間村ふるさと民俗学習館
・塩川御嶽
・フクギ並木
・ウカバビーチ