離島観光・交流促進事業【島あっちぃ】の公式サイト。

北大東島

沖縄でもっとも早く朝日が昇る島

沖縄本島の東方約360kmに位置する北大東島は、沖縄でもっとも早く朝日が昇る島です。古来より沖縄では、はるか東にある島という意味をなす「うふあがり島」の名で呼ばれてきました。気候は亜熱帯海洋性気候に属し、一年を通して暖かく、降水量は少ないものの、頻発する台風により雨水がもたらされています。北大東島は珊瑚環礁が隆起してできた島で、中央部は盆地のように窪んでおり、大小20数個の沼や湿地が散在しています。盆地の周りを屏風のように連なる小高い丘が取り囲み、防風林として島を台風などの災害から守ってきました。

Infomation

位置 沖縄本島の東約360kmに位置。
MAPで見る
大きさ 周囲18.3㎞ 面積11.93平方km 標高74m
人口 615人 (2016年10月1日)
島のイベント ・盆踊り(8月最後の土曜日)
・大東宮例祭(9月22・23日)
・村職域駅伝大会 (11月上旬)
観光スポット ・燐鉱石貯蔵庫跡
・沖縄海/沖縄最東端の碑
・民俗資料館