close
  • TOP
  • 渡名喜島
渡名喜島

渡名喜島

この島のモニターを見る >

渡名喜島は、三日月形をした周囲12.5kmの島で、北に粟国島、南東に慶良間諸島、西に久米島を望み、これらの島々のほぼ中央に位置しています。北部は綾やかな丘陵地帯、南部は石灰岩が露出した山岳地帯、南東部は絶壁をなして海に臨んでいます。島全体が県立自然公園に指定されており、特長ある地形や地質、動植物が保全されています。村花に指定されているカワラナデシコや紫色のアザミなど珍しい植物が多く、季節になると村民や来訪者の目を楽しませています。

位置
那覇の北西海上58km北緯 26度22分、東経127度08分の洋上に位置します。
大きさ
島の周囲12.5km/島の面積3.59平方km
人口
総人口388人 男209人/女179人/世帯数221戸
(平成28年7月末現在 「渡名喜村役場公式HP」より)
産業
漁業と農業が中心で、陸域は狭あいで耕地に乏しいものの、もちきびや島ニンジンがつくられ、沿岸や沖合域は豊かな漁場となっており、近海に設置したパヤオを中心にカツオやシイラ、マグロなどが水揚げされています。
島のイベント
となき祭り、水上運動会、ハーリー、カシキー(綱引き)、シマノーシ(島直し)、朝起き会
観光スポット
アマンジャキ、あがり浜、アンジェーラ浜、ユブク浜、タカタ浜、シュガー浜、大本田展望台、上ノ手展望台、県立自然公園西森園地、渡名喜里遺跡、島尻毛木道
お役立ち情報
〇ターミナル情報
渡名喜港は、切符売り場と食堂があるだけの小さなターミナルですが、船の発着時間が近づくと、特産品売り場が開設され、渡名喜島のお土産を購入することができます。

〇主な移動方法・交通情報
タクシーやバスはありません。
自転車、エコカーをレンタルすると便利です。

〇ATM/カード決済
ATM
・渡名喜郵便局(ゆうちょ銀行)
カード決済
不可

アクセス(乗り物と時間)
那覇(泊港)から渡名喜島までフェリーで約1時間45分で1日2便。料金は、片道大人2,700円、小人1,350円で、往復大人5,130円、子供2,430円。
「フェリー琉球」と「ニューくめしま」の2隻のうちどちらかが出港します。
※通常、月曜日は1便のみ(午前便)の運航となります。但し、8月は月曜日も毎日2便、午前、午後便とも運航します。

島での注意事項
・山ではハブに注意しましょう。ハブは夜行性で湿気を好みますが、日中は石垣や草むら、木の枝などに隠れているので気を付けましょう。
・サンゴは踏んではいけません。
・ハブクラゲやウミヘビなどの毒をもった生き物に注意しましょう。
・満潮や干潮の時間帯を把握しておきましょう。
・島内の宿泊施設には限りがあるので、必ず民宿の予約を取りましょう。

渡名喜島モニター一覧