close
  • TOP
  • 南大東島
南大東島

南大東島

この島のモニターを見る >

南大東島は、沖縄本島から東へ約360kmに位置する大東諸島の島で、飛行機で約1時間、定期船で約13時間の太平洋上に位置しています。名前は、沖縄の古人が、遙か東の海の彼方にある島という意味の島言葉「ウフアガリジマ」からきていると言われています。南大東島の周囲には他の島が無く、絶海の孤島といわれています。この島は、珊瑚礁が隆起してできた島で、海岸線は標高15~30メートルの断崖絶壁になっており、内陸には見渡す限りサトウキビ畑が広がり、島の中央部は湿地帯で大小50余りのカルスト湖沼が点在しています。近年は観光客が容易に訪れることが可能になり、豊かな自然を生かした観光地としても注目されています。

位置
沖縄本島から東に約360kmにあり、北緯25度50分、東経131度14分に位置します。
大きさ
東西5.78km/南北 約6.54km/島の周囲20.8km/島の面積30.57㎢
人口
総人口1431人
男834人/女597人/総世帯数756(平成28年7月1日現在 『沖縄の推計人口より』)
産業
農業では、日本では例の少ない大型機械化一貫作業体系による大規模経営が確立しています。また、近年では肉用牛や山羊を主とした畜産が行われています。水産業も盛んであり、将来大規模な水産開発が期待されています。
島のイベント
・祭旦祭
・南北両大東村親善競技大会
・観音祭
・豊年祭り
・金比羅祭
・玉置報徳会
・陸上競技大会
・秋葉祭
観光スポット
・ビジターセンター(島まるごと館)
・大東神社
・キャンプ場
・西港
・上陸記念碑

・星野洞
・大池のオヒルギ群落
・漁港
・南大東島東海植物群落
・海軍棒 海水プール
・南大東地方気象台
・日の丸山展望台
・ふるさと文化センターふれあい広場
・大池
・ばりばり岩
お役立ち情報
〇ターミナル情報
 南大東空港内には、お土産品店や観光プラザもあり、ベンチやトイレなどの施設も充実していますが、集落からはだいぶ離れていて公共機関もないため、宿の送迎が必要となってきます。
 南大東島は、外海にさらされた無防備な岸壁があるためフェリーが接岸する港がないので岸壁から少し距離をおいて停泊します。そのため乗船の際には、貨物と同じようにクレーンで積み降ろしされます。トイレなどはあるか不明

〇主な移動方法・交通情報
 南大東島にはバス・タクシーなどの公的機関はないのですが、レンタカー会社が2社あるため、自動車・バイク・自転車のレンタルは可能です。また、宿泊施設が有償輸送を行っている場所もあります。

〇ATM/カード決済
・南大東郵便局(ゆうちょ銀行)
・JAおきなわ南大東支店(JAバンク)

カード決済 不明

アクセス(乗り物と時間、金額)
 「琉球エアーコミューター(RAC)」で那覇空港から南大東空港まで1日2便運行していますが、曜日によって運航形態が変わります。約70分で料金は片道25,000円前後、往復割引で32,000円前後。
 フェリーでは、「フェリーだいとう」で那覇(泊港)から南大東島まで週1~2便、約15~17時間で料金は片道5,690円(往復10,830円)。

島での注意事項
・縞模様が浮かび上がる様がまるで宝石のようなレインボーストーン。漁港付近で見られますが、島外への持ち出しは禁止です。

南大東島モニター一覧